「ナイアシンアミド」と「レチノール」の併用について・使う順番は?

「ナイアシンアミド」と「レチノール」の併用について・使う順番は?

”「ナイアシンアミド」は「レチノール」と併用できるの?”という質問をよく聞くようになりました。

こんな質問が増えてきたのは、ナゼ?

それはナイアシンアミドとレチノールが、それぞれ【医薬部外品】として承認された時期と関係しているようです。

「ナイアシンアミド」は、2018年に、シワ改善のための【医薬部外品】有効成分として承認されました。「レチノール」は、その前年2017年に承認になっています。

つまり、レチノールのほうが、医薬部外品としての製品化が早かったということ。このレチノールを配合しているのが、資生堂「エリクシール」のシリーズで、多くの方が愛用しています。

”併用できるの?”という質問が多いということは、レチノールの効果を実感しているけれど、ナイアシンアミドを試したいということでしょう。

結論から言えば、「ナイアシンアミド」と「レチノール」は相性が良く、両方を配合したアイクリームも発売されています。

「ナイアシンアミド」と「レチノール」を、それぞれ別のクリームで併用する場合、「ナイアシンアミド」を先に使ったほうがいいとの意見があります。

単一成分で考えれば、確かに油溶性の「レチノール」を先に使うと、水溶性の「ナイアシンアミド」が、お肌へ浸透しにくくなると考えられます。

しかし、オールインワン化粧品に代表されるように、水溶性・油溶性の美容成分を併せて配合しながら、成分の分離を防いだりテクスチャ―を良くするための技術が導入されていますから、どちらが先とは言い切れないかもしれません。

「ナイアシンアミド」の効果と副作用・ビタミンCとの併用は?混合原料も!
「ナイアシンアミド」の効果・ほかの美容成分やビタミンCとの併用について ナイアシンアミドは、ニコチン酸アミドとも呼ばれる水溶性ビタミンBの一種です。 シワを改善する有効成分としては、2018年に厚生労働省から認可された比較的新しい薬...

まずは、「ナイアシンアミド」と「レチノール」について、化粧品成分オンラインの情報などから、それぞれの成分の効果と特性(副作用)についてまとめました。

PINTE(ピンテ)

お得な情報を見る

「ナイアシンアミド」と「レチノール」・効果の違い

「ナイアシンアミド」と「レチノール」は、どちらもシワに効果があるとして【医薬部外品】に配合されています。

従来の成分では、角質層の小じわへの効果に限定されていましたから、「ナイアシンアミド」と「レチノール」が、真皮層に原因がある通常のシワへの効果に訴求していることは画期的といえます。

しかし、それぞれの成分のお肌への働きかたには、つぎのような違いがあります。

◎ナイアシンアミド

  • コラーゲンの減少改善による抗シワ作用
  • セラミドなどの合成促進によるバリア機能改善
  • メラノソーム輸送抑制による色素沈着抑制作用

◎レチノール

  • ヒアルロン酸の合成促進による抗シワ作用

ナイアシンアミドはコラーゲンの産生に、レチノールではヒアルロン酸の産生に関わっています。どちらも、シワの改善にはたらくのが特徴です。

レチノールは、海外での試験データでは、コラーゲン合成の促進効果が確認されているようですが、国内で化粧品に配合される濃度ではその効果は確認はされていないようです。

PINTE(ピンテ)

お得な情報を見る

「ナイアシンアミド」と「レチノール」・副作用について

「ナイアシンアミド」と「レチノール」、それぞれの【医薬部外品】は、安全性が確認されたうえで、厚生労働省が許可した一定の濃度で配合されていますから、医薬品のような副作用のリスクを伴わないと考えられます。

とくにナイアシンアミドは、【医薬部外品】として承認される以前から、シャンプーやヘアコンディショナーなどにも配合されるなど、安全性がとても高い成分です。

一方、レチノールについては、ピリピリするなど皮膚への刺激を訴える方の口コミを目にしますが、レチノールそのものが肌への刺激性が高いということではないようです。

「レチノール」・肌への刺激の原因は?

「レチノール」は、そのままで作用するのではなく、体内で酸化により「レチノイン酸」に変化することで、シワ改善などに働くようですが、レチノイン酸は刺激性が高いのが特徴。

「レチノイン酸」は、欧米ではそのままニキビ治療薬として使われているそうですが、日本人の肌は白人とくらべ肌が非常に敏感なため、高確率で刺激性が高いレチノイン酸は医薬品としても未承認とのこと。

レチノールは、刺激性が低いですが、レチノイン酸は、灼熱感、鱗屑化および乾燥をともなうなど、皮膚刺激性が強いとされます。

では不安定で酸化しやすい「レチノール」は、化粧品にどのように配合されているのでしょう。

化粧品に配合されるときは、不安定で変化しやすい「レチノール」の酸化を抑えるため、酸化防止剤としてトコフェロールなどをあわせて配合しているようです。

「レチノール」を有効成分としている資生堂「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム」の成分表記では、一番目にレチノールの記載があり、二番目に抗酸化作用がある「酢酸DL-α-トコフェロール」が記載されています。

レチノールは、レチノイン酸ほど有意ではないもののシワに対して有用であり、皮膚刺激も認めらません。しかし、それでも肌への刺激を感じるのは、肌質や体質などによるのかもしれません。

PINTE(ピンテ)

お得な情報を見る

まとめ

「ナイアシンアミド」は刺激性が低くとても安全性が高い成分で、「レチノール」と併せて配合したアイクリームも発売されています。

別々に使う場合、水溶性である「ナイアシンアミド」【医薬部外品】を塗った上に、かぶせるようにして油溶性「レチノール」【医薬部外品】を塗るほうが良いかもしれません。

結論づけていないのは、単一成分の化粧品はありませんし、水溶性成分と油溶性成分を併せて配合しているものがほとんどですから・・。

さらに最近では、使用するお肌の部位にあわせた配合成分の化粧品が増えてきました。シワを改善うする「ナイアシンアミド」が、その傾向に拍車をかけているようです。

ナイアシンアミド配合・目的別で選びたい化粧品
ナイアシンアミドは、シワを改善する【医薬部外品】の成分として注目されていますが、ほかにもお肌をケアするさまざまな働きがあります。 ナイアシンアミドを配合した化粧品は、効果をより高めるために他の美容成分を配合し、特定の部位に特化して開発...

そもそもお肌は、皮脂と汗が乳化されたようなエマルジョン効果によって、バリア機能がつくられています。

そう考えると、「ナイアシンアミド」と「レチノール」も同じかも。自身のお肌への刺激性をチェックしたうえで、じょうずに使いわけてみてはいかがでしょう。

PINTE(ピンテ)

お得な情報を見る

シワだけじゃない!「ナイアシンアミド」の美白効果
「ナイアシンアミド」と「レチノール」の併用について・使う順番は?
紫外線によるシミを作らないために・72時間以内にやるべきケア
ナイアシンアミド配合・目的別で選びたい化粧品
「ナイアシンアミド」ニキビへの効果について・大人ニキビには?
老け手に見られる「ハンドベイン」の原因・手術以外にケア方は?
ナイアシンアミド配合・フレイスラボ「リンクルクリーム VB」・シワ改善効果は?
「ナイアシンアミド」の効果・美容成分に欠かせない補酵素のはたらきとは?