レーザー治療はシミの種類で使い分け!

シミ・そばかす

紫外線が強くなってきました!

紫外線といえば、シミが気になりますが、レーザー治療を思い浮かべる方も多いはず。でもレーザー治療は、その効果と術後の経過に不安が・・・。

さらに、シミの種類によっては、レーザー治療で悪化することがありますから、基本的な知識は持っておいたほうがいいでしょう。

かなり前のNHKの番組「あさイチ」2019.4.15で、シミ対策でのレーザー手術について特集したことがありました。

番組では、まだ30代~40代ですが、シミが気になっている3人の女性が紹介されました。

A子さん(36歳)は、頬の周りに小さなシミがありますが、子供を産んでから、公園に連れていくことが多くなったそうです。

B子さん(43歳)は、眉毛の上あたりにシミ。

C子さんは、美容院でヘアカラーをしたときに、美容師さんが盛んに大きなシミを気にしていたそうです。

その美容師さんは、”ヘアカラーが頬についた” と思ったようで、C子さんにとっては一番のショックだったとのこと。ちょっと、屈辱的な出来事ですね。

番組で解説してくれた皮膚科医の小柳衣吏子医師によれば、A子さんの頬の周りの小さなシミは、雀卵班(じゃくらんはん)とのこと。一般的には、「そばかす」と呼ばれます。

さらに、A子さんの場合、そばかすの中に、老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)が混在しています。

老人性色素班とは、名前がちょっとコワイですね。A子さんは、まだ36歳。でも老人性?

老人性色素班とは?

老人性色素班は日光黒子とも呼ばれ、昔から浴びてきた紫外線の累積でできるシミのことで、40代ではほとんどの人に見られるようです。

シミの原因

最初は薄茶色ですが、年齢を重ねるにつれてどんどん濃くなっていくことから、老人性色素班と呼ばれます。次第に濃くなっていき、境界線がはっきりしているのが特徴。

紫外線を浴びると、肌を紫外線から守るために、メラニンの分泌量が増加することが、色素班の一番の原因ですが、老人性色素班の原因は、紫外線だけではありません。

やけどの痕やニキビの痕、炎症も老人性色素班の原因になるとのこと、

レーザー治療は「老人性色素班」に効果的だけど、「肝斑」には・・・

老人性色素班の治療法として、レーザー治療は効果的です。肌のターンオーバーが早まり、黒色メラニンをレーザーによって破壊することで、シミが排出されることになります。

老人性色素班にレーザー治療は効果的ですが、肝斑には要注意!

肝斑は、両頬に広く広がる女性特有のシミで、女性ホルモンが関係していると言われ、高齢になり閉経すると改善していくのが特徴です。

肝斑

※引用:薬用「フォトシンデレラ」HP

肝斑は、レーザー治療などで悪化することがあります。

肝斑の治療法の新技術として、「‎ピコトーニング」や「レーザートーニング」がありますが、どちらを使うかは専門医の間でも意見がわかれているようです。

こちらが、‎ピコトーニングで使われる「エンライトンSR」です。

ピコトーニング・エンライトンSR

※引用:アートセルクリニックHP

「肝斑」治療の新技術「ピコトーニング」!レーザー治療との違いは?
肝斑にレーザー治療は使えないのはなぜ? 年齢とともに、になるのがシミですが、なかでも30歳~40歳ぐらいで顔の中心にでてくる「肝斑」は、やっかいな存在です。 一言でシミといっても、種類はいろいろあります。とくに良く知られているのが「...

レーザー治療は自由診療

シミの治療は、自由診療です。

レーザー治療は自由診療になりますが、費用は1回1万円~数万円。もちろん面積によっても違います。

広範囲なシミでは、施術する面積も広くなりますから、施術費用も高くなります。ただこのときに、「肝斑」との違いをしっかり見分けておかないと、あとで後悔することになりそうです。

レーザー手術中の痛み

レーザー治療では、施術中の痛みを気にする方も多いですが、心配するほどの痛みはないようです。

C子さんは、右ほおにあった直径1cmほどのシミを、実際にレーザー手術によって除去しましたが、そのときの感想を次のように話しています。

熱いというより、(ゴムで)パチンとはじく感じ
この程度の痛みなら、怖がることは無い

レーザー手術後の経過

レーザー手術では、術後にかさぶたができますが、2週間後ぐらいに自然にはがれます。

人によっては、色素沈着することもあるようですから、手術後のケアが大切!

完全にキレイになるには、平均3ヶ月ほどかかりますが、人によっては2~3週間ぐらいできれいな状態になる人もいるようです。

日本人の50%近くは色素沈着が出る、というデータもあるということなので、手術後はしっかりケアしないといけないようです。

  • カサブタを無理にはがすのは絶対にNG!
  • 紫外線対策の手抜きもNG!

レーザー手術後の色素沈着への対応

レーザー手術後に色素沈着した場合、改善の治療をおこなうこともできます。

ただし、レーザー治療をやる前の状態まで戻すのが精いっぱいとのこと。

IPL(光治療)は?

IPL治療は、レーザーより広範囲に光を当てて、シミを少しづつ取り除く方法です。

IPLとは、インテンス・パルス・ライトの略で、レーザー治療と比べて、照射後の肌のダメージが少なく、ダウンタイムがほとんどないのが特徴。

施術範囲全体にジェルを塗り、特殊な波長の光を当てます。メラニン色素が濃いところに強く反応して、チリッとした痛みがあるようです。

1週間ほどで、シミがかさぶたになって取れますが、術後、絶対にこすり取ってはいけないのはレーザー治療と同じです。

上から優しく保湿したり、メイクをしてケアするのがポイント!

IPL治療は、数回繰り返すことで、シミが薄くなっていきます。

IPLはエステサロンのほうが安い?

エステサロンでは、レーザー治療や診察はできませんが、IPLを美容機器として使用しています。

専門医の話では、一般的にIPLの施術に関しては、医療機関での施術よりも費用を安く抑えることができるようです。

エステサロンと医療機関を、上手に使い分けるのもシミケアのポイントの一です。ただし、シミの種類を正しく判断するには、やはり医療機関で診てもらうほうが安心です。

レーザー治療とIPLは術後のケアが大事!

レーザー治療もIPLも、術後、きちんとしたケアをしなければ、手術前より悪化する可能性があります。

レーザー治療とIPL施術後は、施術した部位に刺激を与えないのがポイント!洗顔や化粧水を使うときには、”やさしく”が基本です。

洗顔のポイント!

  • やさしくしてこすらない
  • 規則性を持つ
  • TゾーンからUゾーンまで大きく洗顔
  • クレンジングはTゾーンから
  • クレンジング落としはお湯に顔をつける感じ

化粧水のポイント!

  • 押し込まない
  • 乗せるだけで浸透する
  • はじめはUゾーン(※)から
    ※顎と両頬のことです。

薬やビタミン剤でのシミケアが効果的

肝斑などのシミの治療には、専門のクリニック等でトラネキサム酸の内服薬を処方してもらいます。

トラネキサム酸には、シミが過剰に産生されるのを防ぐ効果があり、さらにすでにできているシミを薄くする効果もあります。

医療機関へ行くのが面倒、薬の服用が心配、という方もいらっしゃると思います。そんな方には、市販の【第三類医薬品】ホワイトルマンがおすすめ。

【第三類医薬品】シミ対策サプリ『ホワイトルマン』医薬品の効果は?
【第三類医薬品】シミ対策サプリ『ホワイトルマン』は、通常のサプリメントや医薬部外品とは違い、正真正銘の医薬品です。 用法・用量が決められていますから、一定期間飲み続けても症状が改善しないときには、専門医と相談することがすすめられていま...

ホワイトルマン
トラネキサム酸は、妊娠中の方の服用には注意が必要です。専門クリニックでは、基本的に、妊産婦さんへの処方はおこなわないところが多いようです。

<肝斑治療>トラネキサム酸の効果・妊娠中は?
肝斑は、顔の両側に左右対称に発症するシミで、とくに目の下を縁取るように現れるのが特徴です。 ※引用:薬用「フォトシンデレラ」HP 30~40歳代に発症しますが、高齢者にはほとんど見られないことから、女性ホルモンのバランスが大きく...

トラネキサム酸を配合したクリームと併せて、ビタミンC、ビタミンEなどのサプリメントを、朝・昼・晩に分けて飲むのも効果的なようです。

トラネキサム酸を配合したコスメで、ベスコスNo.1に選ばれたのが、『オルビスユードット』です。

『オルビスユードット』は【医薬部外品】で、『オルビスユー』の新シリーズとして、トラネキサム酸グリチルリチン酸2Kを配合しているほか、新たな天然の美容成分を配合。

オルビスの最高峰シリーズとして、「オルビス ユードット ウォッシュ」「オルビス ユードット ローション」「オルビス ユードット モイスチャー」の3点でケアします。

ベスコスNo.1『オルビスユードット』・『オルビスユー』トライアルの比較
ベスコスNo.1受賞の『オルビスユードット』は、2020年9月に発売されましたが、すでに多くの口コミがあがってきています。 『オルビスユードット』は、評価の高いオルビスユーの最高峰シリーズなので、評判が気になります。 『オルビス...



ビタミンCは、シミの元となるメラニン色素の生成を抑え、酸化して黒くなってしまったメラニン色素を還元する(元の状態に戻す)効果もあります。

ビタミンEは、ビタミンCの働きを助けるため、ビタミンCと一緒に配合されることが多いビタミンですが、肌の新陳代謝を活発にする効果が期待されています。

<ビタミンC>風邪の予防には効かない!?・・スキンケアには?
ビタミンCには、抗酸化作用があり、免疫力がアップするはたらきがあると言われています。 必須ビタミンとして、体のさまざまな組織で重要なはたらきをすることが知られていますが、その効果について明らかになっていない点が多いようです。 国...

ちなみに、ビタミンCの場合、「日本人の食事摂取基準」では、成人(15歳以上)の推奨摂取量1日100mgですが、厚生労働省のHPでは、成人の場合、上限値 2,000mg(成人)とされています。

ビタミンCは水溶性なので、基本的には大量に摂取しても吸収されなかった分については、体外へ排出されてしまいます。

しかし一度に摂取すると、尿路結石になる可能性も高くなりますまら、こまめに分けて摂取するのがポイントです。

【医薬部外品】ホワイトシードは、ビタミンCのほかにも、ビタミンB6、B12など5種類の有効成分が配合され、疲労回復や身体の不調にも効果が期待できます。

WHITE SEED

まとめ

シミは、レーザー治療で完全に除去できるとは限りません。体質やその後のケア次第では、さらに悪化してしまうことも。

シミの種類の判断も、リスクになります。

気になる部分だけ施術、費用を抑えるならエステサロンも活用したいところです。

とりあえず、日常生活での紫外線ケア、ビタミン剤補給などで対策してみるのが先決かもしれません。




 体験セット 1200円