シミ・そばかす

サプリメント

NMF(天然保湿因子)とは?注目されるアミノ酸

皮膚の角質細胞には、NMF(natural moisturizing factor・天然保湿因子)とよばれる保湿成分があり、お肌のうるおいを保つ重要なはたらきをしています。 NMFが減少すると、お肌の水分が失われるため乾燥肌になりやす...
サプリメント

放置すると怖いシミ「日光黒子」・試したい薬用成分

顔のシミは、色が濃くなり目立つようになってから、ようやくケアを考える人が多いようです。 シミはいくつかの種類に分類されますが、一般的に多く見られるのが日光黒子(にっこうこくし)と呼ばれるタイプで、紫外線を浴びる体の露出部に多く見られま...
サプリメント

フォーマルクラインの医薬品『ホワイト―ル』シミへの効果

フラバンジェノールで知られるフォーマルクラインから、シミ・そばかすにケアする第3類医薬品『ホワイト―ル』が発売されています。 『ホワイト―ル』には、L-システイン240mgのほか、ビタミンC1000mg、ビタミンB2、B6、Eが配合さ...
サプリメント

L-システインの効果・副作用は?おもな医薬品の配合量を比較

L-システインは、皮膚のターンオーバーを正常化して、古い角質を排出するはたらきがある非必須アミノ酸の一種です。 皮膚、髪や爪などに多く含まれ、不足すると皮膚炎やシミができやすくなり、爪がもろくなったり、髪が抜けやすくなるなどの症状が現...
サプリメント

<紫外線対策>シミは見た目だけじゃない!皮膚がんの原因に

皮膚や粘膜は、外部の刺激からカラダの内側を守っていますが、普段の生活ではあまり意識することはありません。 年齢とともに、皮膚の機能は衰えても、見た目はすぐれたメイクの技術によって、ほぼ自然にカムフラージュすることができるようになったか...
シミ・そばかす

テレワーク中に「美容整形」が急増!シミ取りのリスクは?

テレワーク中に、美容整形でシミ取りという方が増えています。バナー画像は、シミケアの最新技術「ピコトーニング」です。※画像引用:アートセルクリニックHP 美容整形には、施術後のダウンタイムが必要ですが、レーザー治療より痛みや炎症後色素沈...
シミ・そばかす

「グリチルレチン酸ステアリル」と「グリチルリチン酸2K」どう違う?

「グリチルレチン酸ステアリル」と「グリチルリチン酸2K」は、どちらも多くの化粧品などに配合される成分で、マメ科の植物・甘草の根から抽出されるグリチルリチン酸が原料です。 共通の効果効能がありますが、油溶性のグリチルレチン酸ステアリルに...
シミ・そばかす

ドクターズコスメはなぜ人気?シミへの効果は?

ドクターズコスメとは、医師や医療機関などの専門家が開発、監修しているコスメを指すようですが、明確な基準は決まっていないようです。 化粧品メーカーの商品開発でも、医療や薬学関係の専門家がかかわっていますが、ドクターズコスメとは呼びません...
シミ・そばかす

レーザー治療はシミの種類で使い分け!

紫外線が強くなってきました! 紫外線といえば、シミが気になりますが、レーザー治療を思い浮かべる方も多いはず。でもレーザー治療は、その効果と術後の経過に不安が・・・。 さらに、シミの種類によっては、レーザー治療で悪化することがあり...
シミ・そばかす

顔のシミは黒くなったジャガイモやバナナと同じ!

ジャガイモの皮を剥いたり、スライスしてそのまま置いておくと、色が黒くなってしまいます。 食べても特に問題はありませんが、見た目はよくありません。 黒くなる原因は、チロシンというアミノ酸の一種が空気に触れて酸化し、メラニンがつくら...