『プロアクティブ UVプロテクター』ニキビケア×UV対策の効果は?

ニキビ

10代に多い思春期ニキビで悩んだ方なら、「proactive プロアクティブ」のことはよくご存じだと思います。

「プロアクティブ」は大人ニキビにも使えます(個人差あり)から、今でも使っているという方も多いはずですが・・・、こんな不満も。

紫外線が強いシーズンになると、UVケアも必要に。同じ部位のケアなので、ニキビケア+UVケアが面倒!と感じたこともあるのでは?

薬用『プロアクティブ UVプロテクター』は、うるおいを与え、肌を整える成分配合で「ニキビケア×UV対策」を実現し、そんな悩みにこたえてくれました。

プロアクティブUVプロテクター

お肌との相性も気になりますが、「プロアクティブ」でとくに刺激を感じないようであれば、『プロアクティブ UVプロテクター』も問題なく使えるはずです。

ただし大人ニキビの場合、思春期ニキビにはない複雑な原因が加わるため、肌質が合わなかったり、使い方を工夫するケースもあるようです。

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター

『プロアクティブ UVプロテクター』の効果・「ニキビケア×UV対策」・お肌との相性は?

薬用日焼け止め『プロアクティブ UVプロテクター』には、つぎのような効果があります。

  • UV対策によって紫外線から肌を守る
    ・SPF50+、PA+++
  • ニキビを予防する
  • ホワイトニングによる美白効果

紫外線をブロックする効果を示す数値には、SPF(Sun Protection Factor)とPA(Protection grade of UVA)の2種類があります。

この2つの数値が大きいほど、紫外線を防ぐ効果が高いことになりますが、『プロアクティブ UVプロテクター』はSPF50+、PA+++ですから、UV対策としては高水準であることがわかります。

SPFは、おもにUV-B(紫外線B波)の防止効果の目安となる数値で、最高値は50です。あきらかに50を超えるときには、「SPF50+」の表記になります。※UV-Bは、日焼けによる炎症(サンバーン)と、メラニン色素の沈着(サンタン)の原因になります。
PAは、UV-A(紫外線A波)の防止効果の目安となる数値で、+が多いほど効果が高くなり、最高は++++です。※UV-Aは、皮膚の色素沈着、シワ、たるみなどの原因になります。

紫外線がニキビを加速する!

紫外線によるお肌への刺激は、シワやシミだけでなく、ニキビの原因にもなります。

お肌の一番外側には角質層があり、内部をまもるためのバリア機能があります。紫外線を浴び続けると、紫外線から内部を守るために角質層が厚くなっていきますが、これを「角質肥厚」といいます。

角質が厚くなると、毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビができやすくなるのです。

『プロアクティブ UVプロテクター』には、「ニキビケア×UV対策」の効果がありますが、じつはUV対策=ニキビケアでもあるわけです。

『プロアクティブ UVプロテクター』の有効成分

薬用日焼け止め『プロアクティブ UVプロテクター』には、【医薬部外品】として、つぎの2つの成分が配合されています。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
    (グリチルリチン酸2K )
    ・かゆみや炎症を抑え、肌荒れを防いで肌を整える
  • トラネキサム酸
    ・メラニン色素の生成を抑え、シミ・そばかすを予防する

この2つの成分は【医薬部外品】の美白化粧品によく使われ、『プロアクティブ UVプロテクター』ではW配合することで、その効果を高めています。

「グリチルレチン酸ステアリル」と「グリチルリチン酸2K」どう違う?
「グリチルレチン酸ステアリル」と「グリチルリチン酸2K」は、どちらも多くの化粧品などに配合される成分で、マメ科の植物・甘草の根から抽出されるグリチルリチン酸が原料です。 共通の効果効能がありますが、油溶性のグリチルレチン酸ステアリルに...

『プロアクティブ UVプロテクター』その他の美容成分

『プロアクティブ UVプロテクター』には、2種類の薬用成分のほかにも、つぎのような美容成分が配合されています。

  • アロエエキス
    ・保湿効果や消炎効果があり、肌荒れ防止など、整肌作用があります。
  • スイカズラエキス
    ・毛穴を引き締めるはたらきがあります。
  • ダイズエキス
    ・保湿作用があり、肌の透明感をアップさせるだけでなく、皮脂腺抑制効果もあると言われています。
  • サクラ葉抽出液
    ・炎症や肌荒れ、かゆみを抑える働きがあるとされる成分です。
  • ビタミンE
    ・バリア機能を高め、肌を乾燥から守ります。品質を安定化するための抗酸化剤としても使われます。

『プロアクティブ UVプロテクター』ノンコメドジェニックテストについて

『プロアクティブ UVプロテクター』は、ノンコメドジェニックテスト済です。

ノンコメドジェニックテストは、ニキビができにくいかどうか、実際に人間の肌でテストをおこないます。

もちろん、すべての人がニキビができないというわけではありませんが、油分のバランスや毛穴の詰まりにくさを考えて設計されていることがわかります。

『プロアクティブ UVプロテクター』使い心地は?

『プロアクティブ UVプロテクター』の使い心地をまとめると、つぎのような感じです。

  • 汗や水に強いので塗り直しの手間がいらない
  • サラリとした仕上がりで、伸びが良い
  • ムラなくサッと塗れて白浮きしない
  • うるおいを与え、体や顔に使える

これは、従来商品「プロアクティブ」のテクスチャーの良さをそのまま残しながら、UVプロテクターとしての使いやすさのバランスを考えているようです。

『プロアクティブ UVプロテクター』肌への刺激は?「プロアクティブ」との違い

「プロアクティブ」では、ニキビ改善について高い評価がありますが、”ヒリヒリした”との声(悪い口コミ?)も。

「プロアクティブ」の有効成分による刺激もあると思われますが、プロアクティブの使い方にも理由があるようです。

「プロアクティブ」では、3ステップ(※)でニキビケアをします。いずれのステップでも、薬用成分を配合した【医薬部外品】が使われます。※ステップ1(洗顔料)⇒ステップ2(美容液)⇒ステップ3(クリーム)

こちらが、プロアクティブの「薬用スマートセット」です。

プロアクティブ・セット

プロアクティブ・セット

「プロアクティブ」セットでは、さらにセット購入時の無料プレゼントとして「電動洗顔ブラシ」がもらえますが、この使い方もお肌への刺激と無関係ではなさそうです。

プロアクティブ

プロアクティブ 公式サイト

「プロアクティブ」の有効成分・肌への刺激は?

「プロアクティブ」には、つぎの2種類の薬用成分が配合されています。

    • サリチル酸
      ・皮膚の角質を軟化させるほか、殺菌作用がある成分です
    • グリチルリチン酸ジカリウム
      (グリチルリチン酸2K )
      ・かゆみや炎症を抑え、肌荒れを防いで肌を整えます

サリチル酸は副作用は少ない成分ですが、肌が敏感だとかゆみや発疹などがでることもあるようです。

『プロアクティブ UVプロテクター』には、このサリチル酸は配合されていません。

「プロアクティブ」のニキビケアでは、ステップ1(洗顔料)とステップ2(美容液)にこのサリチル酸が配合されています。

お肌が敏感な方のなかには、ステップ1の洗顔を省略することで、余計な刺激を回避している方もいます。

ニキビケアに集中するなら、やはり「プロアクティブ」ということになりますが、電動洗顔ブラシの使い過ぎも気をつけましょう。

プロアクティブ

プロアクティブ 公式サイト

『プロアクティブ UVプロテクター』は肌への刺激が少ない

『プロアクティブ UVプロテクター』には、薬用成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」と「トラネキサム酸」が配合されています。

『プロアクティブ UVプロテクター』がサリチル酸を配合しなかった理由は、UVケアとしての機能を兼ねるために、お肌への刺激をできるだけ避けたかったのかもしれません。

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター

まとめ

『プロアクティブ UVプロテクター』は、ニキビケアで人気が高い「プロアクティブ」の姉妹商品です。

どちらも【医薬部外品】として、薬用成分を配合していますが、『プロアクティブ UVプロテクター』では、「サリチル酸」を配合せずに、肌にやさしく使いやすい設計にしています。

『プロアクティブ UVプロテクター』には、安全性が高く副作用がほとんどない「トラネキサム酸」が配合されています。

トラネキサム酸には、メラニンの生成をおさえ、日焼けやシミを予防する効果があり、”薬用日焼け止め”+美白の機能を実現しています。

また紫外線をブロックする効果を示す数値は、SPF50+、PA+++ですから、UV対策としても高水準

『プロアクティブ UVプロテクター』は、「ニキビケア+UV対策」のWケアで、「プロアクティブ」のような3ステップが要りませんから、心強くて使いやすいアイテムと言えるでしょう。

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター