ニキビは遺伝する?肌質や生活習慣との関係について

スキンケア
広告について:当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター

”ニキビは遺伝する”との説もあるようですが、ニキビそのものは、染色体や遺伝子の変異によって発症する遺伝性疾患ではありません。

しかし、ニキビのできやすさが肌質と深く関係していることは、だれもが実感していることでしょう。肌質は、日ごろのスキンケアによって変わりますが、遺伝子も関係しているようです。

肌質の違いは、人それぞれの顔かたちが違うのと同じようなもの。つまり、ニキビができやすいかどうか、悪化しやすいかどうかは、遺伝子とまったく無関係であるとは言えないのです。

スキンケアをあまりしなくもきれいな肌を保っている方がいれば、ニキビ対策のスキンケアをいろいろ試しているのにニキビが出来やすい方がいるのは、この肌質や体質の違い。

言い換えれば、自分の遺伝情報にあった正しいスキンケアを続けなければ、ニキビができやすくなったり、悪化させてしまうことも。

最近の遺伝子検査を活用すれば、ニキビについての遺伝情報も知ることができるようですから、自分の肌質にあった効果的なスキンケアを見つけるのもそれほど難しくないかもしれません。

参考記事:肌質の遺伝的特性がスキンケアの効果の違いに!?ニキビや妊娠線も

そもそもニキビになりやすい肌質とは?

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター

ニキビになりやすい肌質は遺伝が関係!

顔や体型が遺伝子によって人それぞれ違うように、肌質にも遺伝的な特性があります。

ニキビになりやすい肌質は、おもにつぎのような特徴がありますが、遺伝も関係していると言われています。

  • 皮脂の分泌量が多くニキビが悪化しやすい
  • 毛穴が小さく角栓が詰まりやすい
  • 肌のターンオーバーが活発ではない

お肌のターンオーバーのサイクルが長いと、外部刺激によって肌のバリア機能がこわされたときに、なかなか再生されません。バリア機能が低下した状態がつづくことで敏感肌になり、ニキビの発生率は高くなると考えられます。

ニキビは、毛穴に角栓が詰まり、その中に皮脂が溜まることで生じます。毛穴が小さく詰まりやすい方は、ニキビになりやすいようです。白い角栓や黒く汚れがたまっているようなら、要注意!早めのケアが必要です。

遺伝的な特性があるからといって、あきらめてはいけません。

ニキビについていえば、自分自身の遺伝的な肌質を理解したうえで、ニキビになりにくいスキンケアを続けることがとても重要です。もしスキンケアをあきらめれば、さらに肌質を悪化させてしまいます。

chatGENE 公式サイト

ニキビになりやすい肌質でもニキビができるとは限らない

ニキビができやすい肌質だからといって、かならずしもニキビができるわけではありません。

がんや生活習慣病は、人によって遺伝的な特性が違いますが、かならずしもがんや生活習慣病にかかるわけではありません。

がんや生活習慣病を予防するような食事や生活習慣を続けていれば、発症する確率は低くなるはずです。

遺伝性といわれる乳がん(遺伝的に乳がんになりやすい体質をもっている)でさえ、じっさいに乳がんを発症するのは 7~10%と考えられているようです。

もしニキビができやすい肌質であったとしても、自分の肌質にあったスキンケアやニキビができにくい生活習慣や食事を続ければ、ニキビに悩まされることはないかもしれません。

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター

ニキビ予防のための生活習慣も遺伝?

生活習慣の乱れや精神的なストレスは、ニキビができる原因と考えられていますが、じつは、不眠や運動、ストレスなども遺伝が関係しているといわれています。

さらに最新の遺伝子検査によれば、ビタミンCなどの栄養素の体内での保有率も人によって違うとのこと。つまり、他人とおなじ食事やサプリメントを摂っても、その栄養素がおなじようにカラダに吸収されるとはかぎらないわけです。

ニキビの予防対策として、正しいスキンケアはもちろんですが、生活環境や栄養素の吸収、精神的ストレスなども遺伝と関係があるとなれば、ふだんの生活スタイルの意識的な見直しが必要になりそうです。

遺伝子検査でじぶんの肌質を知っておく

遺伝子検査『chatGENE 』では、なんと400項目もの遺伝情報を知ることができるようです。

『chatGENE 』の400項目の遺伝情報のなかには、お肌についてつぎのような遺伝情報がありますから、ニキビケアについても非常に参考になります。

肌の水分、肌の油分、肌のしわ、肌の弾力、肌の光沢、肌のくすみ、肌のトーン、ニキビ、そばかす、色素沈着、肌の老化、肌の光老化、若々しさ、日焼け反応(サンバーン)、日焼け反応(サンタン)、肉割れ(妊娠線)、ケロイド、酒さ(顔面紅潮)、かぶれやすさ(刺激物感受性)

さらに、遺伝子検査『chatGENE 』では、肌質だけでなく、栄養素の吸収のしやすさ、スポーツなど、日常生活で気になる項目に関連した遺伝的傾向が1つのページにまとめられていますから、ニキビ対策を総合的にイメージしやすいと思います。

ニキビは遺伝する?肌質や生活習慣との関係について
肌質の遺伝的特性がスキンケアの効果の違いに!?ニキビや妊娠線も

chatGENE 公式サイト

ニキビ対策のための生活習慣とスキンケア

遺伝も関係している肌質ですが、スキンケアを怠れば、ニキビができやすくなるのはもちろんです。

ニキビの予防はもちろんですが、万一、ニキビができてしまっても、つぎのようなスキンケアを心がけましょう。

  • 肌によけいな刺激をあたえない
    ・洗顔時のゴシゴシ洗いは禁物。やさしく丁寧に洗います。
  • 肌を乾燥させない
    ・ニキビ予防に保湿は必須!肌を乾燥させると、バリア機能が低下し、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。保湿クリームなどで、水分を逃がさないようにしてください。
  • 栄養バランスのよい食事をとる
    ・肌の調子を整えるビタミンB群やビタミンC、ミネラル群など、栄養バランスを考えましょう。
  • 便秘を防ぐ
    ・便秘によって腸内に有害物質がたまると、免疫力が低下し、お肌への悪影響が避けられません。
  • ストレスをためない
    ・ストレスがたまると、男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌量がふえるため、皮脂が過剰に分泌され、毛穴につまりやすくなることで、ニキビの原因になります。
  • じゅうぶんな睡眠をとる
    ・睡眠不足によって免疫力が低下すると、新陳代謝が遅れ、肌のターンオーバーが乱れる原因になります。

いずれの項目も、一つひとつは簡単にできそうですが、毎日となるとなかなか難しいようです。これも、遺伝が関係?

顔のカタチも、100%が遺伝というわけではなく、70%が後天的との説もあります。性格やライフスタイルなどで人相が変わってくることを考えれば納得です。

肌質も、自分にあったスキンケアをつづければ、ニキビなどの肌トラブルに悩まされずにすむでしょう。

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター

まとめ

ニキビそのものは、遺伝的なものではありませんが、ニキビができやすい肌質は遺伝が関係していると考えたほうがいいようです。

自身の肌質の遺伝的な特性を知っておくことで、ニキビや肌荒れなどへの対策に悩むことが少なくなるかもしれません。

ただし、肌質の特性がわかったとしても、ニキビ対策のためのスキンクリームとの相性は、実際につかって試してみないとわからないことが多いようです。

思春期ニキビ、大人ニキビなどの違いはもちろんですが、スキンクリームについて言えば、有効成分以外の美容成分との相性も。

さらに、年齢とともに肌質は変わっていきますから、ニキビ対策のスキンクリームについても、そのときどきでいくつか試してみる必要がありそうです。

プロアクティブUVプロテクター

プロアクティブUVプロテクター

ニキビは遺伝する?肌質や生活習慣との関係について
肌質の遺伝的特性がスキンケアの効果の違いに!?ニキビや妊娠線も
睡眠と肌の関係・寝不足がなぜニキビの原因に?
ニキビの種類・重症化させないためのセルフケア
顎ニキビはなぜ繰り返す?原因と予防について
便秘が肌荒れの原因になるのはナゼ?ニキビができやすい場所は?
紫外線がニキビの原因に!人気ケアクリームからもUV対策シリーズが
ファンケル薬用「アクネケア」・大人ニキビへの効果と使い方
30代からの「大人ニキビ」20代とは違う原因と予防
薬用ニキビケア『プロアクティブ』の「学割キャンペーン」・無料プレゼント付き!