L-システインの効果・副作用は?おもな医薬品の配合量を比較

L-システインは、皮膚のターンオーバーを正常化して、古い角質を排出するはたらきがある非必須アミノ酸の一種です。

皮膚、髪や爪などに多く含まれ、不足すると皮膚炎やシミができやすくなり、爪がもろくなったり、髪が抜けやすくなるなどの症状が現われます。

坑酸化作用(活性酸素の除去)があるL-システインは、ビタミンCとともにメラニン色素を無色へ還元し、さらに代謝を促進することで、メラニン色素を排出すると言われています。また肝臓の解毒作用もあり、二日酔いの薬に配合されるなど、幅広い用途に使われています。

女性の代表的なシミ・肝斑の治療では、トラネキサム酸がよく知られていますが、L-システインも肝斑の治療に使われます。

L-システインのシミへの効果

シミ・そばかすの治療に使われる医薬品に「ハイチオールC」がありますが、主成分として「L-システイン」「ビタミンC」「パントテン酸カルシウム」が配合され、つぎの効果をうたっています。

  • シミのもとになるメラニンの過剰な生成を抑える
  • 肌に沈着した黒色メラニンを無色化する
  • 肌のターンオーバーを正常化しメラニンが沈着した角質をスムーズに排出する

皮膚だけでなく、髪や爪にも存在するL-システインは、不足するとシミだけでなく、髪が抜けやすくなったり爪がもろくなったりします。

L-システインは、ビタミンCと合成することで、シミの元となるメラニンを抑制し肌の代謝を促します。代謝が乱れると、肌トラブルの原因に。

L-システインを含む食品

L-システインは、システインが2つ結合した「シスチン」という形で、牛肉や豚肉、鶏肉や魚などの動物性たんぱく質に多く含まれ、栄養的には、システインはシスチンと同様に扱われています。

また、システインは、体内で「メチオニン」という必須アミノ酸からも作られ、文科省の食品成分データベースでは、「シスチン」「メチオニン」それぞれの含有量が紹介されています。

動物性たんぱく質以外では、高野豆腐、大豆、きな粉、落花生、たまねぎ、にんにく、ブロッコリー、芽キャベツ、オート麦などにも含まれます。トマト、きゅうり、ニンジンなどの野菜や果物には、ほとんど含まれていません。

◎おもな食品の含有量(可食部100g当り) ※参考:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

食品名 メチオニン(mg) シスチン(mg) 合計(mg)
卵類/鶏卵/全卵/生 410 300 710
ぶた/[その他]/スモークレバー 140 94 234
うし/[副生物]/第一胃/ゆで 220 170 390
にわとり/[若どり・主品目]/もも/皮なし/から揚げ 140 68 208
だいず/[その他]/大豆たんぱく/繊維状大豆たんぱく 830 820 1650
あずき/あん/さらしあん/(乾燥あん) 350 370 720
らっかせい/ピーナッツバター 290 360 650
にんにく/りん茎/油いため 80 89 169
ブロッコリー/花序/生 76 57 133

シスチンが多く含まれる卵殻膜

卵殻膜は、卵の殻の内側にある薄い膜で、この卵殻膜には他の食品と比べて、とても多くのシスチンが含まれています。

「アルマード」は、卵殻膜の豊かな成分に着目し、美容ドリンクや化粧品開発に生かしている化粧品メーカーですが、アルマード公式サイトの卵殻膜のアミノ酸組成の例がこちらです。

Ⅲ型ビューディードリンク卵殻膜の成分

鶏卵はシスチンの含有量が、他の動物性たんぱく質と比べてもとても多いですが、卵角膜には必須アミノ酸を含めて、シスチンなどがバランスよく含有されていることがわかります。

アルマード『Ⅲ型ビューティードリンク』口コミと卵殻膜の効果 毎日飲むの?
アルマード『Ⅲ型ビューティードリンク』は、卵殻膜で知られるアルマードが2017年5月に発売した注目の美容ドリンクで、卵殻膜の粉末を配合する美容ドリンクとして特許を取得してます。アルマード社と東京大学との共同研究では、2020年4月、卵角膜の

アルマード公式サイト

L-システインの副作用について

髪や爪に含まれるアミノ酸の一種・L-システインは、抗酸化作用があり、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、二日酔いなどにも効果があるとされていますが、糖尿病の方は注意が必要です。

東京大学の最近の研究によれば、L-システインには、インスリンの働きを阻害し、糖尿病の人が利用すると、糖尿病の悪化につながる可能性があるようです。

また、L-システインの摂りすぎによって、副作用として白髪化が起こるとの説明もあります。

1日推奨摂取量の目安(WHO世界保健機関):体重1kgにつき15mg。(50kgの方なら、750mg)
美容目的では、1日1,000mgを。それ以上になると、副作用として白髪化が起こることがあるため、1日1,500mgまでに。
※引用:医療法人社団 藤翠会 藤谷クリニックのHP

京都薬品ヘルスケアの第3類医薬品『ミルセリンホワイトNKB』の場合、1日当りのL-システインは、最大量240mgが配合されています。医療用注射製剤でも、1000mgも含有したものはないようですから、白髪化の心配はしなくても良さそうです。

「L-システイン」と「ビタミンC」

L-システインは、ビタミンCと同時に摂取することで、相乗効果が期待されることがわかっていますので、医薬品には「L-システイン」と「ビタミンC」がセットで配合されると考えていいでしょう。

ミルセリンホワイト・効果

「L-システイン」と「ビタミンC」は、メラノサイトでのメラニンの生成を抑え、「ビタミンC」がメラニンを無色化します。さらに、他のビタミン類と併せた働きにより、ターンオーバーを促進しメラニンを排出することで、シミへの相乗効果が期待できるわけです。

「L-システイン」おもな医薬品の配合量・価格比較

「L-システイン」の副作用についてはお話したとおりですが、通常の市販薬のシステイン配合量を見るかぎり、副作用の心配はしないで良さそうです。

「L-システイン」配合のおもな医薬品などについて、ビタミン類の含有量、価格について比較しました。※ビタミン類の1日当りの配合量で、ビタミン類以外については掲載していません。

医薬品は、用法・用量が決められていますので、使用上の注意を守って、正しく使ってください。
ミルセリンホワイトNKB ホワイト―ル WHITE SEED
(ホワイトシード)
ハイチオールCプラス
商品 ミルセリンホワイト ホワイト―ル ホワイトシード ハイチオールCプラス
メーカー等 京都薬品ヘルスケア フォーマルクライン フロムココロ エスエス製薬
分類 第3類医薬品 第3類医薬品 医薬部外品 第3類医薬品
L-システイン 240mg 240mg 120mg 240mg
アスコルビン酸
(ビタミンC)
1,000mg 1,000mg 500mg 500mg
コハク酸d-α-トコフェロール
(ビタミンE)
50mg 50mg 25mg
リボフラビン
(ビタミンB2)
6mg 6mg 3mg
ピリドキシン塩酸塩
(ビタミンB6)
12mg 12mg 6mg
通常価格(約1ヶ月分)
※税込
4,400円 8,360円 5,980円 4,620円
定期コース初回価格 2,400円 1,980円 1,980円
お得な定期コース 詳しい情報はこちら 詳しい情報はこちら 詳しい情報はこちら

ビタミンCは、L-システインとともに、メラニンの生成を制御し無色化し、ビタミンEが血行を促進、ビタミンB2、B6が皮膚のターンオーバーを促進して、メラニンの排出を早めます。

ビタミン類の配合成分を比べると、各メーカーの開発コンセプトがよくわかります。

第3類医薬品『ミルセリンホワイトNKB』では、L-システイン240mgのほかに、ビタミンC1,000mgが配合されていて、一般的なビタミンCサプリメントと比較してもトッププラスの配合量となっています。

第3類医薬品『ホワイト―ル』を提供しているのは、フラバンジェノールでもよく知られているフォーマルクライン社で、主要なビタミン類の配合量は『ミルセリンホワイトNKB』と同じです。

どちらの定期コースも、お得な価格で回数の縛りがありませんから、まず1ヶ月だけでも試してみると良いでしょう。

しみ、そばかすにのんで効く第3類医薬品『ミルセリンホワイトNKB』

まとめ

きれいな肌を保つためには、ターンオーバーが正常におこなわれる必要がありますが、不規則な生活習慣や偏った食生活によって、ターンオーバーのサイクルは乱れ、シミやそばかすが出来やすくなります。

L-システインは、きれいな肌を保つためには欠かせない成分ですが、通常の食事では十分な量を摂ることができません。さらに、加齢とともに体内合成できる量が減っていきますから、医薬品やサプリメントで補うことが必要になるわけです。

肌のターンオーバーのサイクルは、28日間(約1ヶ月)ですが、年齢とともにそのサイクルは延びていきます。

L-システインの服用によって、すぐにシミが改善するわけではありませんが、継続的に服用することで、その効果が少しづつ実感できるようになるでしょう。



ミルセリンホワイト公式サイト