”むくみ”はスキンケアの赤信号!Tie2がヒント!?

スキンケア
広告について

このサイトは商品を販売する事業者の協賛を受けて運営しています

長時間立ちっぱなしの仕事をしていると、脚がパンパンに張ってきて、靴が履けなくなることも。いわゆる、”むくみ”。

むくみは、時間が経てば自然となおることが多いので、つい見過ごされがちですが、ときには他の病気が潜んでいることもありますから注意が必要です。

血管が老化してくると、血管の細胞の結びつきが弱くなり、水分や老廃物が漏れ出します。この漏れ出した水分や老廃物を回収するのがリンパ管の役割ですが、回収しきれないと”むくみ”が起こります。

むくみはシワの原因にもなりますから、美容の大敵。血管やリンパ管を健康に保つ必要があります。

血管の老化は、なんと血管の老化は20代からはじまっているとのこと。とくに毛細血管はとても細いため老化も早く、やがて消えるゴースト血管となるそうです。

ヒトの血管の長さは、約10万km(地球約2.5周)と言われ、そのうち毛細血管が99%を占めています。毛細血管の太さは髪の毛の10分の1程度ですが、酸素や栄養分を運ぶだけでなく、老廃物を回収するなどの重要なはたらきがあります。

60~70代では、なんと20代とくらべて約4割もの毛細血管が消えてしまうそうですから、若いときからのスキンケアがとても大切なことがわかります。

血管やリンパ管の老化を防ぐためのカギを握っているのが、Tie2(タイツー)と呼ばれるタンパク受容体です。

お試しキャンペーン

毛細血管の構造とTie2(タイツー)のはたらき

毛細血管の血管壁は、内皮細胞の単層でできていますが、その周りを壁細胞がとり囲むような二重構造をしています。つまり、内皮細胞は、壁細胞によって守られているわけです。

老化や疾患などによって、毛細血管の壁細胞が剥がれると、”むくみ”の原因になる栄養素や水分などの漏れにつながります。

Tie2(タイツー)は、内皮細胞と壁細胞、さらに内皮細胞同士を強く結びつけて、毛細血管を健康に保つはたらきがあるとされています。

つまり、Tie2(タイツー)が活性化できれば、毛細血管の老化を防ぐことができることになるわけです。

Tie2(タイツー)を活性化するのが、壁細胞から分泌されるアンジオポエチン -1(Angiopoietin-1)という糖たんぱく質です。

Tie2(タイツー)を活性化する成分

Tie2(タイツー)を活性化するのは、アンジオポエチン -1だけではないようです。

黒コショウシナモンなどに含まれるピぺリンにも、Tie2(タイツー)を活性化する働きがあることがわかってきました。香辛料や薬味としても使われるヒハツもコショウ科の植物です。

ルイボス茶やスターフルーツにも、Tie2(タイツー)を活性化する働きがあると言われています。

これらの天然植物成分を配合したサプリメントは、Tie2(タイツー)を活性化することで、女性の”巡り”に着目して開発されています。

湘南美容クリニックが女性のために開発したサプリメント、めぐりサポートプラス『Birth Active Cinderella( バース アクティブ シンデレラ)』には、黒コショウから抽出された成分が配合されています。

『Birth Active Cinderella』は、パンパンに悩む女性のために開発されたサプリメントで、黒コショウから抽出された自然由来の成分のほかに、冷えをケアするジンジャーエキスの粉末、ビタミンB1、ナイアシンなどが配合されています。

あわせて、プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸も配合されているのは、キレイにこだわる湘南美容クリニックならでは、というべきでしょうか。

一日中、立ち仕事が多くて、夕方にはパンパンという方には、めぐりサポートプラス『Birth Active Cinderella( バース アクティブ シンデレラ)』がおすすめです。

お試しキャンペーンはこちら