2021-04

シミ・そばかす

<肝斑治療>トラネキサム酸の効果・妊娠中は?

肝斑は、顔の両側に左右対称に発症するシミで、とくに目の下を縁取るように現れるのが特徴です。 ※引用:薬用「フォトシンデレラ」HP 30~40歳代に発症しますが、高齢者にはほとんど見られないことから、女性ホルモンのバランスが大きく関係している...
シミ・そばかす

レーザー治療はシミの種類で使い分け!

紫外線が強くなってきました! 紫外線といえば、シミが気になりますが、レーザー治療を思い浮かべる方も多いはず。でもレーザー治療は、その効果と術後の経過に不安が・・・。 さらに、シミの種類によっては、レーザー治療で悪化することがありますから、基...
サプリメント

<紫外線対策>目からウロコ間違いスキンケア!

紫外線を浴び過ぎると、人のカラダにさまざまな影響を与えることがわかっています。特に怖いのが皮膚がんです。 美容や美白のため、あるいは皮膚アレルギー(紫外線アレルギー)など、紫外線対策の目的と対策はさまざまですが、かならずしも正しい対策になっ...
シミ・そばかす

「シミ・しわ」メイクで隠し続けるのも限界が・・根本的に改善するには?

シミやしわが目立ってくると、行動も消極的になります。 シミが大きくなってくると、他人の視線が顔のシミに集中しているようで、外出も消極的に。手のシミなら人に見られない、と思ったら大間違い。 友人とコーヒーを飲みながら、視線は相手の顔の粗さがし...
シミ・そばかす

顔のシミは黒くなったジャガイモやバナナと同じ!

ジャガイモの皮を剥いたり、スライスしてそのまま置いておくと、色が黒くなってしまいます。 食べても特に問題はありませんが、見た目はよくありません。 黒くなる原因は、チロシンというアミノ酸の一種が空気に触れて酸化し、メラニンがつくられるから。 ...
シミ・そばかす

テレワーク中に「美容整形」が急増!シミ取りのリスクは?

テレワーク中に、美容整形でシミ取りという方が増えています。バナー画像は、シミケアの最新技術「ピコトーニング」です。※画像引用:アートセルクリニックHP 美容整形には、施術後のダウンタイムが必要ですが、レーザー治療より痛みや炎症後色素沈着のリ...
シミ・そばかす

ドクターズコスメ・人気の秘密とシミへの効果

var a8='a16121358118_2NZCR4_GGF9N6_2HOM_BUB81';var rankParam='8oJkWp-mwvqQagFWw9qOiMqVSvqVXe-zWoXeWiq6QfrN1f56D';var ban...
シミ・そばかす

「グリチルレチン酸ステアリル」と「グリチルリチン酸2K」どう違う?

「グリチルレチン酸ステアリル」と「グリチルリチン酸2K」は、どちらも多くの化粧品などに配合される成分で、マメ科の植物・甘草の根から抽出されるグリチルリチン酸が原料です。 共通の効果効能がありますが、油溶性のグリチルレチン酸ステアリルにたいし...
スキンケア

<ビタミンC>風邪の予防には効かない!?・・スキンケアには?

ビタミンCには、抗酸化作用があり、免疫力がアップするはたらきがあると言われています。 必須ビタミンとして、体のさまざまな組織で重要なはたらきをすることが知られていますが、その効果について明らかになっていない点が多いようです。 国内・海外の研...
スキンケア

「線維芽細胞療法」の効果は2年? 費用を考えると・・・

「線維芽細胞療法」という肌の再生医療があります。「自家培養真皮線維芽細胞移植術」を簡略化した呼び方ですが、同じです。 自分の耳のうしろなどの皮膚細胞から線維芽細胞を取り出し、培養した線維芽細胞を、シワなどの気になる部位へ移植(注入)する手術...