大豆イソフラボンの効果・実感できる女性は半数?

スキンケア

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たはたらきをすると言われますが、日本女性の約半数はその恩恵を受けることができないようです。

女性ホルモンには、エストロゲン〈卵胞(らんぽう)ホルモン〉とプロゲステロン〈黄体(おうたい)ホルモン〉の2種類があり、大豆イソフラボンに期待されているのが、エストロゲンに似たはたらきです。

エストロゲンは、生殖器官を発育、維持させ、女性らしい体型をつくり、美肌をつくるはたらきがありますが、閉経期を過ぎると急激に減少すると言われます。

月経前には、プロゲステロンが増加しエストロゲンが減少するため、むくみやイライラなどの月経前症候群(PMS)とよばれる症状が起こりやすくなります。

このエストロゲンと同じようなはたらきをするとされるのが、大豆イソフラボンですが、大豆イソフラボンのままで女性ホルモン同様のはたらきをするわけではないようです。



今話題のエクオール「女性特有の悩みゆらぎをサポート」キレイ・デ・エクオール

大豆イソフラボンから作られる「エクオール」の働き

大豆には、「ダイゼイン」や「ゲニステイン」などのイソフラボンが含まれていますが、大豆イソフラボンだけでは女性ホルモン同様のはたらきが弱いようです。

「エクオール」は、大豆イソフラボンの一種「ダイゼイン」から腸内細菌の代謝によってつくられ、強いエストロゲン活性があることが知られています。

エクオールは、ヒト以外の動物では個体差に関係なく産生されますが、ヒトでは個人差があり、だれでも同じように産生できるわけではありません。

日本人の場合、腸内細菌によってエクオールへ代謝することができるのは、わずか50%!それでも欧米人と比べると多いとのことで、その理由は、食物繊維など、日本人の食生活とも関係があるようです。

エクオールを産生する腸内細菌

大豆イソフラボンからエクオールを産生することができる腸内細菌には、スラッキア属、エゲレセラ属、ラクトコッカス属、コロネバクテリウム科などの菌があるようです。

しかし、これらのエクオール産生菌だけでエクオールがつくられるわけではなく、1000種類以上もあると言われる腸内細菌のうち、菌の種類に多様性があるほど、エクオールが産生能が高くなるとの研究結果もあります。

つまり、腸内にエクオール産生菌がいたとしても、菌の種類が少なければ、エクオールを産生する能力が高くないことになります。

腸内フローラ(腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう))は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌によって形成され、腸内環境をつくっていますが、その構成はほぼ3歳ぐらいまでにできあがります。

つまり、大豆イソフラボンの恩恵を受けたい年齢では、「エクオール」をつくることができるかできないかがすでに決まっていることになります。

若い世代ほど「エクオール」産生能が低い

日本人の場合、若い世代ほど「エクオール」の産生能(作る力)が低いと言われ、若い世代では、約20~30%の人しかエクオール産生能がないようです。

もともと大豆製品をよく食べる日本人は、ほとんど食べない欧米人と比べ、エクオール産生能が高いのですが、和食離れが進み、豆類の摂取量が減っていることが関係していると考えられています。

不足しがちな食物繊維の摂取量

腸内フローラのバランスを整えるには、食物繊維の摂取が欠かせません。

食物繊維が多く含まれる食品には、豆や野菜類、果物、きのこ、海苔、わかめ、昆布などの海藻類がありますが、現代人の食生活の変化により、食物繊維の摂取量は不足しています。

乳酸菌で腸内フローラのバランスを整える

理想的な腸内フローラのバランスは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が優勢な状態です。

善玉菌は、乳酸や酢酸などをつくり腸内を酸性にすることによって、悪玉菌の増殖をおさえて腸の運動を活発にします。さらに、病原菌の感染予防や、腐敗物質の産生をおさえる働きがあります。

納豆や漬物、ヨーグルトなどの乳酸菌飲料によって、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌を直接補うことができますが、腸内に棲みついてくれることはないようです。

ビフィズス菌や乳酸菌などを含む食品は、毎日摂り続けることで、腸内フローラのバランスを整えることができることになります。

「エクオール」配合のサプリメント

大豆イソフラボンから「エクオール」を産生することができない腸内環境だと、食生活を改善しただけでは、女性ホルモン「エストロゲン」同様の効果を得るのは難しいようです。

「エクオール」を配合したサプリメントが注目されているのは、若い世代では約20~30%の人しかエクオール産生能がないことも、理由の一つかもしれません。

大豆イソフラボンだけでは効果が感じられない方は、エクオール配合のサプリメントを試してみると良いでしょう。

エクオール以外にも、腸内環境を考えた成分があわせて配合されているものをいくつか紹介します。※価格:2023.3.26現在

キレイ・デ・エクオール

キレイデエクオール

キレイ・デ・エクオール
株式会社ウエルネス・ラボ
内容量:60カプセル ※目安1ヶ月分
通常価格:5,980円(税込)

  • エクオール1日推奨量10mg配合(1日2粒目安)
  • EC-12乳酸菌配合でエクオールの吸収をサポート
  • 美肌のためのリンゴセラミド配合
  • 国内GMP認定工場で製造

「 キレイ・デ・エクオール」は、エクオールを吸収しやすくするために、腸内環境をととのえる乳酸菌「EC-12乳酸菌」と、食物繊維、ポリフェノール、セラミドを含む「リンゴセラミド」をあわせて配合しています。

これにより、乳酸菌でカラダのバランスを整えながら、高濃度のエクオールの吸収力を高めることができます。

キレイ・デ・エクオールの公式サイトには、お得な定期コースがあります。定期回数の縛りがありませんから、安心して飲み続けることができます。



今話題のエクオール「女性特有の悩みゆらぎをサポート」キレイ・デ・エクオール

エクオール宣言

エクオール宣言

エクオール宣言
株式会社 愛しとーと
内容量:10g×30本入※1日目安1~3本
通常価格:4,280円(税込)

  • エクオール:1本当り3.5mg配合
  • ラクトビオン酸が腸内細菌の働きを助けます
  • スーパーフード「ザクロ」でビタミン・ミネラルを補います
  • 国内GMP認定工場で製造
  • ゼリータイプなので飲みやすい

エクオール宣言に配合されている「ラクトビオン酸」は、オリゴ糖の一種で、腸内細菌のエサとなってそのはたらきを助けます。

同時に配合されている「ザクロ」は、女性のカラダに必要なビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、”女性の果実”とも言われています。

エクオール宣言の公式サイトにも、お得な定期コースがあります。こちらも定期回数の縛りがありませんので、安心して飲み続けることができます。

 エクオール宣言 公式サイト

まとめ

大豆イソフラボンが、女性ホルモンに似たはたらきをすることは知られていましたが、その効果が発揮できるのは、腸内細菌によって「エクオール」に代謝されるからのようです。

しかし、エクオールに代謝できるのは日本女性のわずか半数で、若い世代では約20~30%の人しかエクオール産生能がないことがわかってきました。

腸内細菌のフローラバランスは、3歳までにほぼできあがってしまうので、エクオールを産生できない女性は、エクオールを配合したサプリメントを活用すると良いかもしれません。

さらに腸内環境をととのえることで、エクオールの吸収がさらに促進されると考えられます。



今話題のエクオール「女性特有の悩みゆらぎをサポート」キレイ・デ・エクオール